絆プロジェクト 金融機関

令和2年2月21日(金)
埼玉県本庄市へ行ってきました。
日本弁理士会の『絆プロジェクト』の一環です。


『絆プロジェクト』とは、
「第4次産業革命のフロントランナーとして弁理士がその使命を果たすべく
夢と希望をもって活躍できる環境を整備し、
弁理士の活躍によりあるべき知財立国を実現するため、
各方面との連携を深める」
ものであり、
(https://www.jpaa.or.jp/kizuna/)
金融機関チームの運営担当の立場で行ってきました。

 

今回の「金融機関の絆」は「埼玉信用組合」様です。
児島町にある本店にお伺いしました。

 
(埼玉信用組合HPより http://www.saitamashinkumi.co.jp/index.html)

行員の方々に「知的財産権」について講義を受けていただき、
信用組合のお客様の知的財産の活用方法なども
アドバイスさせていただきました。


お客様からの「知的財産の相談」があった場合は、
行員はすぐさまフォローアップ弁理士にコンタクトできます。
今回の『絆』により、
三方良しのWINWINWINの関係が築けると願います。

 

前の記事

知的財産活用表彰