知財広め隊セミナーin愛媛

2019年最初の出張は
日本弁理士会の知財広め隊として
愛媛県四国中央市に行ってきました。

高松空港から四国中央市に向かう車窓

四国中央市は製紙業が盛んであり
全国トップを誇ります。
街中いたるところに
白煙をあげる煙突を見ることができます。

このような煙突がいたるところに

会場に向かう途中に
『紙のまち資料館』に立ち寄りました。
製紙方法や様々な紙製製品を見学することができます。
1799年のフランスの特許文献も展示されていました。

紙のまち資料館 外観
フランス特許文献

セミナーは
定員80名を超える100名以上の地元企業の方にご参加いただきました。
少しでも『知的財産権』の意義・活用方法を学んでいただけたのなら
主催者側の立場としては嬉しいかぎりです。

『四国は紙國!紙産業の集積地で知財を活用した地域おこしを』

今年度は
5月に岩手県花巻市
11月に宮崎県宮崎市
そして
1月に愛媛県四国中央市に
知財広め隊セミナーの運営サポートでお邪魔しました。

『知財広め隊』としては今年度までの事業ですが
これからも様々な形で
『知的財産』について広める活動をしてまいります。