六番町

外堀知的財産事務所の所在地である千代田区六番町についてのお話。

千代田区町名由来板を発見しました。

IMG_2101

IMG_2104
読みにくいので複写すると

『 江戸城に入った徳川家康は、城の西側の守りを固めるために、この一帯に「大番組」と呼ばれる旗本たちを住まわせました。ここから、「番町」という地名が生まれました。
現在の番町小学校が建っている場所には、かつて定火消(消防)の役屋敷があり、のちに上野小幡藩上屋敷となりました。四谷御門よりの広い敷地には、尾張藩付家老成瀬隼人正の上屋敷がありました。明治以降は、下六番町という町名になり、昭和十三年(1938)から現在の六番町になりました。
明治から大正・昭和にかけては、数多くの文化人や高級官僚の住宅地として発展しました。「破壊」「夜明け前」の島崎藤村、「婦系図」「天守物語」の泉鏡花、アララギ派の歌人島木赤彦、「或る女」の有島武郎、「三田文学」で活躍した水上滝太郎、「父帰る」の菊池寛、「多情仏心」の里見弴、「百鬼園随筆」の内田百閒など、多くの作家たちが居を構えました。また、印象派を紹介した画家で作家でもあった有馬生馬、エコール・ド・パリで活躍した画家の藤田嗣治、歌舞伎俳優の初世中村吉右衛門、初世市川猿翁、二世中村又五郎、三世市川猿之助、長唄の吉住慈恭などの芸術家も六番町の住人でした。
かつては日本の近代的女性を育んだ明治女学校、日本の教壇の中心的存在であったアララギ出版社、菊池寛が設立した文藝出版社、白樺派の誕生にかかわった有島邸や若い作家たちが集った鏡花邸など、まさに六番町から、日本近代文学の芸術が開花したといっても過言ではありません。 』

と書いてあります。すごい方々が住まわれていた町のようです。
でも、英語ではすごく端折って説明されていました。
IMG_2105

Rokubancho
This neighborhood ・・・(略)・・・in 1938.