一番町

年明け最初の町名由来板の紹介は『一番町』です。

東京メトロ半蔵門線『半蔵門』駅の地上出口5の前にあります。

img_3293

向かい側にあるのは、ホテルモントレ半蔵門です。

すぐそばに駐日英国大使館があるせいか外国人がよく利用しています。

そのとなりの蕎麦屋「ゆで太郎」はサラリーマンがよく利用しています。

img_3290

『一番町』の由来板には以下の記載があります。

img_3289

『江戸城に入った徳川家康は、城の西側の守りを固めるために、この一帯に大番組に属する旗本たちを住まわせました。ここから「番町」という地名が生まれ、この界隈には多くの武家屋敷がありました。
明治になると、中央官庁や皇居に近接したこの地には、政府役人の官舎や華族の屋敷が並び、山県有朋の邸宅もありました。
明治五年(1872年)、英国大使館(当時は公使館)がこの地に移ってきます。維新の志士たちと深い交流をもち、のちに駐日英国公使として日英同盟に尽力したアーネスト・サトウも、ここで多くの年月を過ごしました。
英国大使館の裏手には、明治三十三年(1900年)、津田梅子が女性の自立をめざした英語学校・女子英学塾を創立しました。これが現在の津田塾大学の前身です。
文化人たちにも一番町は愛されていました。小説家、劇作家として名高く、画家でもあった武者小路実篤はこの地に生まれ、結婚してからもしばらくその屋敷に住んでいました。「荒城の月」「花」などの歌曲で知られる作曲家の滝廉太郎や、「からたちの花」「赤とんぼ」などを作曲し、西洋音楽の普及と発展に努めた山田耕筰もまた一番町の住人です。昭和三十二年(1957年)に制定された「千代田区歌」は、佐藤春夫が作詞、山田耕筰が作曲したもので、英国大使館前に区歌の碑が残されています。
昭和十三年(1938年)、かつての五番町と上二番町、元園町一丁目の一部が一緒になって、現在の一番町となりました。
新たな文化を積極的に取り入れ、近代思想の礎を築いた町、それが一番町なのです。』