麹町二丁目

神田地区では神田祭で盛り上がっていましたが
今回も麹町地区の紹介です。
本日は『麹町二丁目』を取り上げます。

『麹町二丁目』の町名由来板は東京メトロ半蔵門線『半蔵門』駅出入り口にあります。
九段下側の地上口に『一番町』の由来板が、
真ん中あたりの地上口に『麹町一丁目』の由来板が、
永田町側の地上口に『麹町二丁目』の由来板が、あることになります。

そんな『麹町二丁目』とはどのような町なのでしょうか。
由来板によりますと

『この界隈が麹町と名付けられた由来については諸説あります。町内に「小路」が多かったためとも、米や麦、大豆などの穀物を発酵させた「麹」をつくる家があったためとも、また武蔵国府(現・府中市)へと向かう「国府路」があったからともいわれています。
麹町は、麹町大通り(新宿通り)の両側に形成された町でした。文政七年(1824年)の「江戸買物独案内」には菓子店の名が、明治時代に書かれた「麹街略誌稿」には、牽牛子煎餅やとくに落雁が名物だったと記されています。「新撰東京名所図会」によると、お鉄という女性が売りはじめたお鉄牡丹餅や、助惣焼(現在のクレープのような菓子)などを売る店があり、いずれも名物として広く知られていました。
また、安政三年(1856年)の絵図にも見られるとおり、現在の麹町二丁目にあたる地域は、町屋の北側に明地があり、武士たちが弓術などの修練をする大的射込稽古場や放生寺の拝借地となっていました。
明治以降、このあたりは商店街として栄えましたが、現在ではオフィスビルの立ち並ぶ都心のビジネス街へと姿を変えています。』

なんだか甘いものが食べたくなってきました・・・
次はどこに行きましょうか・・・