麹町四丁目

今回の町名由来板は『麹町四丁目』です。

日テレ通りと新宿通りのT字路にその由来板はあります。

img_3024-1

前回見つけた『二番町』と同じ日に見つけた由来板になります。
そのまま新宿通りに出たら、遭遇したものです。
何気なく通っている道ですが、普段いろんなものを見過ごしているのか
改めて考えさせられる機会となりました。

img_3023-1

せっかく見つけた由来板ですので、ここでご紹介します。

img_3027-1

『この界隈が麹町と名付けられた由来については諸説あります。町内に「小路」が多かったためとも、米や麦、大豆などの穀物を発酵させた「麹」をつくる家があったためとも、また武蔵国府(現・府中市)へと向かう「国府路」があったからともいわれています。実際に近所では、地下に数ヶ所の麹室も見つかっています。
現在の麹町大通り(新宿通り)沿いに町屋がつくられたのは、徳川家康の江戸入府後のことです。通りの南側は谷地でしたが、寛永のころ(1624年~1644年)、四谷堀を掘ったときに出た土を使って埋め立てられたともいわれています。町屋の北側は寺や火除地(火事の延焼を防ぐ空き地)に、南側は旗本が多く集まる武家屋敷になりました。安政三年(1856年)の絵図には、出雲松江藩松平家の上屋敷などが見られます。
一方このあたりは、うなぎの蒲焼伊勢屋や丹波屋、江戸切絵図の版元として名高い尾張屋、麹町で一、二を争う呉服商の伊勢八、尾張藩御用達をつとめる菓子店の亀沢などが店を構え、江戸の高級商店街のひとつでした。また、赤穂浪士が吉良邸討入り前に名前を変えて隠れ住んでいた家もあったと伝えられています。
町内には井戸がたくさんあったようで、大正十二年(1923年)の関東大震災のときには、断水した多くの家庭を救いました。
明治・大正期になっても引き続き商店街として発展してきた麹町四丁目ですが、現在はビルの立ち並ぶビジネス街へと変わっています。』